ニキビ対策の食事法

ニキビ対策には様々な方法がありますが、普段の食事をバランスよくすることでニキビの改善だけではなく、健康な体へと導いてくれます。

ニキビに有効な栄養素はいくつかありますが、まず原因となる毛穴のつまりを解消してくれるビタミンAがあります。
ビタミンAは人参やカボチャ、ホウレンソウに豊富に含まれ、皮膚の潤いを保ってくれます。
また、乳製品や卵に含まれるビタミンB2は皮脂の分泌を抑えて肌を正常な状態にし、まぐろやカツオや鶏ささみに含まれるビタミンB2には同じく皮脂を抑え、肌のターンオーバーを促す働きがあります。
そして、多くの人が積極的に摂取するビタミンCは抗酸化作用を持ち、メラニンの生成を抑える他、コラーゲンの生成を助けてくれます。これは果実や緑黄色野菜から摂取できますが、血液の循環を良くするビタミンEと一緒に摂ることで相乗効果により、さらに高い効果を与えます。
その他にはホルモンバランスを整えるミネラル、コラーゲンや食物繊維が肌に良いとされています。

これらの栄養素の他に、アゼライン酸と呼ばれる小麦やライ麦などの穀類や、穀類、酵母に含まれている成分で、日常的に口にされる天然由来の酸があります。
このアゼライン酸は、ニキビの改善、予防にとても効果的で、アメリカやヨーロッパ、アジアなど世界80カ国でこの成分を含むニキビ用医薬品が承認され、30年もの間使用されています。
ビタミンAなどの妊婦が控えるべき成分でないため、アゼライン酸で補われることもあります。
この成分はあまりよく知られていませんが、実は発揮する効果が多く、ビタミンに似た働きもしてくれます。
さらにニキビの悪化も抑えてくれるので早く治したいという方に適しています。